院長 佐久本哲郎

院長
医学博士

佐久本哲郎

Tetsuro Sakumoto

ご挨拶
空の森クリニック院長を務めております佐久本です。

私は1972年大阪大学医学部卒業後、同大学の産婦人科学教室に入局し、産婦人科医としての道を開始いたしました。臨床医学の修練と同時に不妊・内分泌学の研究に従事しました。1984年故郷の琉球大学医学部産婦人科に赴任し、不妊・内分泌部門の主任として専門的分野の確立に努めました。その頃の日本における生殖医療は体外受精や内視鏡治療が導入されている黎明期でした。海で隔絶されている沖縄県には総合的な生殖医療は必須であり、当院理事長の德永先生も一緒に治療を開始しました。内視鏡手術の導入に加えて、1989年には沖縄県における最初の体外受精児の誕生となりました。その後、顕微授精や受精卵凍結技術などを行い現在に至っております。その間、生殖医療におけるブラックボックスの一つである着床機構の解明と臨床に積極的に取り込んできました。この一環から子宮内膜のみならず生活習慣、環境の及ぼす影響を考慮した臨床体系を推進しております。また我々は大学時代から女性の健康保持の観点から婦人科疾患に対しても対応してきました。その一環で当院には婦人科内視鏡治療センターを開設しました。内視鏡手術技術認定医の神山先生がセンター長で低侵襲手術を積極的に行うことにより女性の健康増進に大きく寄与しております。この内視鏡手術は不妊症にも適応して体外受精のみならず一般不妊治療での治療成績向上にも貢献しております。
これまでの医療の実践からヒトの自然治癒力の壮大さを実感してきました。このヒト生命力の重要性を大切にすることが臨床医学の基本であると認識しております。より自然に近い環境での医療の推進が皆様の幸せに繋がるものと今回の当院の開院となりました。今後とも皆様に精一杯尽くして明るい未来を拓くよう努力していく所存でありますので、宜しくお願い致します。

【主な経歴】

  • 沖縄県立那覇病院 産婦人科部長
  • 豊見城中央病院 副院長
  • 空の森クリニック 院長 2014年~

【所属学会】

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会 指導医
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 母体保護法指定 医学博士

【講師・役員等】

  • 沖縄県産婦人科医会・会長
  • 沖縄県立中部病院・卒後臨床研修特別指導医
  • 琉球大学医学部・非常勤講師
  • 那覇市医師会立看護学校・非常勤講師
  • 日本産婦人科学会 評議員
  • 日本産婦人科内視鏡学会 評議員
  • 日本不妊カウンセリング学会 評議員
  • 日本生殖医学会 功労会員
ページトップへ