診療内容

診療内容

  • 体外受精/胚移植

    • 通常体外受精/胚移植
    • 顕微授精/胚移植
    • 凍結融解胚移植
  • 人工授精

  • 子宮鏡検査・治療

  • 子宮卵管造影検査

  • 選択的卵管造影術

  • 卵管鏡下卵管形成術(FT)

  • 不妊認定看護師(沖縄県唯一)による不妊カウンセリング

検査・治療の流れ

まずは不妊検査で、できにくい原因を究明することからはじめます。
できるだけ自然に近い妊娠を目ざして、医療の介入度の低い順にステップアップ方式で治療を進めます。

基礎不妊検査

・基礎体温 ・ホルモン検査 ・子宮卵管造影 ・超音波検査
・精液検査 ・頸管粘液検査 ・クラミジア検査

生理中:その周期に行なう検査・治療の計画を立てる。
生理終了~排卵日:種々の検査、卵胞のチェック。
排卵日直前:卵胞、卵胞ホルモン、頚管粘液のチェック、タイミングの指導。
排卵後7日目頃:必要があれば、黄体ホルモンの採血。

ico_content_arw

タイミング指導

どこにも異常がないけれども妊娠しにくい方は、タイミング法から始めます。
医師が排卵日を正確に予測して、夫婦生活を持ってもらうタイミングを指導します。
基礎体温、おりもの、LHホルモン、卵胞の大きさなどをチェックすることによって排卵日を予測します。

ico_content_arw

人工授精(IUI)

受精するには精子が卵子に出会わなければなりません。
AIHとは採取した精子を濃縮処理して、人工的に子宮の奥に送り込む治療です。
名前こそ人工とついていますが、治療そのものは難しくなく精子を送り込んだ後は受精、着床と自然妊娠と同じように進みます。

ico_content_arw

体外受精(IVF)

卵子と精子を体外の培養器内で受精させます。
排卵誘発剤を使ってできた成熟した卵子を体から取り出し、その上に精子をふりかけます。(媒精)
そして精子が自ら泳いで卵子の中に入り込むのを待ち、受精させます。
受精した卵は4細胞くらいになったところで、状態がいい胚を、子宮内に移植します。
移植から2週間後くらいには妊娠しているか結果が出ます。


顕微授精(ICSI)

体外受精でも妊娠しない人、特に精子に問題がある人(乏精子症、精子無力症)の治療です。
取り出した精子と卵子を顕微鏡下で受精させます。精子を顕微鏡で観察しながら、
卵子に直接送り込ませます。

凍結融解胚移植

体外受精や顕微授精でできた胚(受精卵)を凍結保存しておき、子宮内の環境がベストなときを選んで融解して子宮内に移植する方法です。

ページトップへ