2021.08.21

当院における胚移植の実施について

現在、沖縄県内では新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの総合病院が新型コロナウイルス感染患者を受け入れているため、緊急の場合を除いた外来患者・妊婦の受け入れ制限を実施しています。
これに伴い、当院で妊娠が成立し、産科施設へ転院・紹介する際に、受け入れを断られる可能性もでてきました。
そのため、当院では新型コロナウイルス感染拡大の状況が改善し、沖縄県内の医療体制が十分に整ったと判断するまでの間、積極的な胚移植を見合わせる方針と致します。
胚移植の実施につきましては、新型コロナウイルスワクチンの接種状況、同居されている方の感染リスク、個々人の妊娠した際のリスクについて医師の総合的な判断のもと、相談のうえで決定致します。
当院へ通院されている皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

2021年08月21日
理事長 德永 義光

ページトップへ